CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
お勧めの書籍
100%
100% (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
Kodama's review
とっても気持ちが前向きになれる1冊です。これから付帯されていたCDも聴いてみたいと思います。楽しみです。
(13.06.23)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ミラクルガール
ミラクルガール (JUGEMレビュー »)
大塚 弓子
Kodama's review
芯の強さが半端じゃないです。弊社が主催する看護士さん向けの勉強会でもご協力頂いています。ありがとうございます!一度お目にかかれる日があればと思います。
(13.06.16)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
光圀伝
光圀伝 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
Kodama's review
750ページの大作で持ち運びが大変でしたが、それでも電子版には多少抵抗があって…。水戸光圀さんはTVでのイメージが強いですがこの作品で一気にイメージが変わりました。素晴らしい内容でお勧めです!
(13.06.09)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書)
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書) (JUGEMレビュー »)
森 幹雄
Kodama's review
先日、講演を聴かせて頂いた森社長の書籍。どんなビジネスの世界でも成功されている方に共通して言えることは信念そして執念を持ち合わせていることとあらためて思わされた1冊でした。
(13.05.26)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
2052 ~今後40年のグローバル予測
2052 ~今後40年のグローバル予測 (JUGEMレビュー »)
ヨルゲン・ランダース
Kodama's review
温暖化を中心とした環境問題、食糧不足、天然資源、資本主義経済の在り方など、40年後には大きな変化があることでしょう。40年後を予測するのはかなり難しいことですが、様々な事を想定する上で参考になりました。
(13.05.11)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
下巻です。政治の中心から一線引いた位置でもこのように日本の将来を思い考え、生き抜いた人が当時はおり、福澤諭吉さんはその立ち位置の中でも当時の第一人者だったのだろうと思えました。
(13.04.28)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
親しくさせて貰っている経営者の方から勧められた1冊。1万円札の福澤諭吉さんの偉大さを改めて思い知らされました。
(13.04.21)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ドラッカー名著集1 経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件 (JUGEMレビュー »)
P.F.ドラッカー
Kodama's review
いつもドラッカー氏の本は勉強になりますが、『自らの貢献に責任をもつ者は、その狭い専門分野を真の全体に関係づけることが出来る』って、もうちょっとわかり易い翻訳を願うのは私だけでしょうか…(笑)。
(13.04.14)
お勧め度
★★★★☆
MOBILE
qrcode
<< 170/h。 | main | 葉書。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
合図。
先日、いつも親しくしてくれている

1階に住む私と同い年の大家さんが、

『子供を連れてシュトットガルトの

 高台を往復している歯車付きの

 小さな電車に乗りに行くんだけど

 一緒にどう?』

と誘われて行ってきました。


電車自体は、それほど特別では

ありませんでしたが、ところどころ

急な坂を上がっていくので、

線路の中央部には線路と平行して

歯車と噛み合うような凸凹の

レールが敷いてありました。


さて、乗車時間は約10分程度。

あっという間に終点に到着。

特に終着駅に用がある訳でも

なかったので、

『じゃあ、またこれに乗って

 戻ろうか。』

ということになり、再度、同じ電車に。


しばらく、停車していそうな

雰囲気だったので、一人で電車から

ホームに降りて電車の正面をパチリ。

Zahnratbahn 正面。
(線路の間に凸凹のレールがあるのですが…。)


たった2両しかない電車ですが、

後には、自転車を乗せられる

荷台のようなものが連結してあり

(こういうのは日本にはないなぁ…)

と思いつつ、後から、もう1枚。

Zahnratbahn 後。


と、そうこうしていると、

ナント、その電車が何の前触れもなく

動き出し、出発してしまいました…(大汗)。

一瞬、自転車用の荷台に飛び乗ろうかと

思いましたが、

(ちょっと危険か…)

と躊躇している間に電車はどんどん

進んでしまい…。


車内に視線を向けると、大家さんと

子供たちが、残されて、あっ気に

取られている自分を指差して、大笑い…。


走って追いつく訳もなく、

すぐに携帯で連絡を取ろうと

しましたが、300m先に次の駅が

あったらしく、そこで皆、下車し、

大家さんが走ってこっちへ向かって

きてくれました。


『日本では必ず発車の際にベルが

 鳴るんだけど…』

と大家さんに言い訳しながら、

次の駅まで歩いて向かい…。


あまりに突然、静かに走り出した

電車にはちょっとびっくりさせられ

ました。


こちらでは、発車の合図がないので、

注意が必要です…(汗)。

| - | 03:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:44 | - | - |
コメント
ブログの再開・・・
いろいろな思いあってのことではないかと
思われますが・・・
このブログの一ファンと致しましては、
とてもうれしく。。。

また、楽しく読ませて頂きます!

It looks forward to meeting in Germany in May very much.
| | 2008/03/18 11:42 PM |
嬉しいコメントを頂きまして…(涙)。

今後とも宜しくお立ち寄り下さい。

Ich freue mich, dass ich mit Ihnen in Deutsch treffen.
| 管理者 | 2008/03/19 1:58 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ykodama.jugem.jp/trackback/562
トラックバック