CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
お勧めの書籍
100%
100% (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
Kodama's review
とっても気持ちが前向きになれる1冊です。これから付帯されていたCDも聴いてみたいと思います。楽しみです。
(13.06.23)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ミラクルガール
ミラクルガール (JUGEMレビュー »)
大塚 弓子
Kodama's review
芯の強さが半端じゃないです。弊社が主催する看護士さん向けの勉強会でもご協力頂いています。ありがとうございます!一度お目にかかれる日があればと思います。
(13.06.16)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
光圀伝
光圀伝 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
Kodama's review
750ページの大作で持ち運びが大変でしたが、それでも電子版には多少抵抗があって…。水戸光圀さんはTVでのイメージが強いですがこの作品で一気にイメージが変わりました。素晴らしい内容でお勧めです!
(13.06.09)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書)
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書) (JUGEMレビュー »)
森 幹雄
Kodama's review
先日、講演を聴かせて頂いた森社長の書籍。どんなビジネスの世界でも成功されている方に共通して言えることは信念そして執念を持ち合わせていることとあらためて思わされた1冊でした。
(13.05.26)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
2052 ~今後40年のグローバル予測
2052 ~今後40年のグローバル予測 (JUGEMレビュー »)
ヨルゲン・ランダース
Kodama's review
温暖化を中心とした環境問題、食糧不足、天然資源、資本主義経済の在り方など、40年後には大きな変化があることでしょう。40年後を予測するのはかなり難しいことですが、様々な事を想定する上で参考になりました。
(13.05.11)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
下巻です。政治の中心から一線引いた位置でもこのように日本の将来を思い考え、生き抜いた人が当時はおり、福澤諭吉さんはその立ち位置の中でも当時の第一人者だったのだろうと思えました。
(13.04.28)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
親しくさせて貰っている経営者の方から勧められた1冊。1万円札の福澤諭吉さんの偉大さを改めて思い知らされました。
(13.04.21)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ドラッカー名著集1 経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件 (JUGEMレビュー »)
P.F.ドラッカー
Kodama's review
いつもドラッカー氏の本は勉強になりますが、『自らの貢献に責任をもつ者は、その狭い専門分野を真の全体に関係づけることが出来る』って、もうちょっとわかり易い翻訳を願うのは私だけでしょうか…(笑)。
(13.04.14)
お勧め度
★★★★☆
MOBILE
qrcode
<< 200繊 | main | 3日目。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
感謝。
先週末、メンズ事業部の○○さんが

わざわざドイツに会いに来てくれました。

実は、私が日本を発つ前、出発の日程が

決まった頃に、彼が

「6月か7月に必ず行きますから!」

と酔っ払った勢いで言っていて、

どうせ飲んだ勢いだろうと高を括って

いましたがホントに来ました(笑)。

金曜日の夕方にシュトゥットガルトの

駅で待ち合せ、リュックサック一つだけの

姿には、さすがに驚きましたが、

本人曰く、「海外旅行は慣れている」

ようで…?(怪)。


少しシュトゥットガルトの街中を歩いた後

車で私の住まいから歩いて5分のホテルへ。

その後は、ブログでも何度か紹介したことのある

葡萄畑の丘の上にあるレストランへ。

久しぶりに楽しい話しをしながら、

とどまることを知らず、記録的な量?を

飲み干しました(笑)。

ちなみに翌日、確認をし合いましたが

かなり記憶が飛んでいました(笑)。


翌日は、私が働いている会社へ立ち寄り

工場見学をしてもらってから、車で

ローテンブルクへ。


ということで、ここからは写真をUPします。


まずは、町を囲んでいる有名な城壁です。

上は通路になっていて歩けます。

城壁1。

城壁2。

通路に上がってから気がつきましたが、

彼は軽めの高所恐怖症らしく…、

降りる時もすこしばかり腰が引けてました(笑)。

城壁階段。


昼食は、レバーとフレンチフライポテト、

それにサラダを

RB昼食。



次に街並みを

街並み1。

街並み2。

街並み3。
(真っ青の空が気持ち良かったです)


次はヤコブ教会の中。

ヤコブ教会内。


相変わらず、日本人の観光客が数多くいて

店内には、ドイツ語、英語、そして日本語が

書かれているところもあり、ヨーロッパ周辺の

例えば、フランス語ではなく、日本語?

と二人で笑ってました。

日本人はとってもいいお客様のようです。


ずっと悪かった天気が信じられない程

この日は、晴れわたり、最高の1日と

なりました。


ということで、若干?、二日酔いでは

ありましたが、私自身も大変、楽しい1日を

過ごさせてもらい、わざわざドイツまで

来てくれたことに感謝です。

次回は3日目の様子を紹介します。


     1年前の今日は こちら

| - | 23:12 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:12 | - | - |
コメント
お久ぶりです。たままた検索したらこんなサイトに
たどりつきました。
ドイツへの栄転のお手紙をいただきありがとうございます。
グローバルにご活躍ですね。

ドイツへは9.11のテロ当日怖い思いをして行った思い出が・・・(汗)

また来ますので宜しくです。
| 鯛尊hirose | 2007/07/10 6:56 PM |
タイソン元気?
コメントサンキュー!
びっくりしたねー。
是非、メール下さい。
待ってます。

| 児玉義則 | 2007/07/11 12:02 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ykodama.jugem.jp/trackback/498
トラックバック