CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
お勧めの書籍
100%
100% (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
Kodama's review
とっても気持ちが前向きになれる1冊です。これから付帯されていたCDも聴いてみたいと思います。楽しみです。
(13.06.23)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ミラクルガール
ミラクルガール (JUGEMレビュー »)
大塚 弓子
Kodama's review
芯の強さが半端じゃないです。弊社が主催する看護士さん向けの勉強会でもご協力頂いています。ありがとうございます!一度お目にかかれる日があればと思います。
(13.06.16)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
光圀伝
光圀伝 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
Kodama's review
750ページの大作で持ち運びが大変でしたが、それでも電子版には多少抵抗があって…。水戸光圀さんはTVでのイメージが強いですがこの作品で一気にイメージが変わりました。素晴らしい内容でお勧めです!
(13.06.09)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書)
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書) (JUGEMレビュー »)
森 幹雄
Kodama's review
先日、講演を聴かせて頂いた森社長の書籍。どんなビジネスの世界でも成功されている方に共通して言えることは信念そして執念を持ち合わせていることとあらためて思わされた1冊でした。
(13.05.26)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
2052 ~今後40年のグローバル予測
2052 ~今後40年のグローバル予測 (JUGEMレビュー »)
ヨルゲン・ランダース
Kodama's review
温暖化を中心とした環境問題、食糧不足、天然資源、資本主義経済の在り方など、40年後には大きな変化があることでしょう。40年後を予測するのはかなり難しいことですが、様々な事を想定する上で参考になりました。
(13.05.11)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
下巻です。政治の中心から一線引いた位置でもこのように日本の将来を思い考え、生き抜いた人が当時はおり、福澤諭吉さんはその立ち位置の中でも当時の第一人者だったのだろうと思えました。
(13.04.28)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
親しくさせて貰っている経営者の方から勧められた1冊。1万円札の福澤諭吉さんの偉大さを改めて思い知らされました。
(13.04.21)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ドラッカー名著集1 経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件 (JUGEMレビュー »)
P.F.ドラッカー
Kodama's review
いつもドラッカー氏の本は勉強になりますが、『自らの貢献に責任をもつ者は、その狭い専門分野を真の全体に関係づけることが出来る』って、もうちょっとわかり易い翻訳を願うのは私だけでしょうか…(笑)。
(13.04.14)
お勧め度
★★★★☆
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
食。
ほとんど「料理」経験のないものにとって食事を

作るという作業が、結構、面倒なことだと

思い知らされている今日この頃であります。

とは言っても、ほとんどが茹でるか、温めるだけの

食事ばかりですので、「料理」というレベルでは

到底ありませんが…。


一応、こちらに来てからの一番のお気に入りは、

やはり、ソーセージでしょうか。

結構、海外で食事をすると、実際はあまり

美味しくないものでも、その場の雰囲気で、

美味しいと感じてしまうことがありますが、

こちらのソーセージは何度も食しても美味しく

頂けますし、しかも、買ってきたソーセージは

そのまま茹でてケッチャップとマスタードを

付けるだけですから、調理というレベルの手を

加えていませんので、

(というより、加えられないという表現が正しい…)

食材そのものが直接、味に反映しています。

ということで、まずはお気に入りのソーセージを。

ソーセージ。

白い方は「白ソーセージ」と言って、ミュンヘンの

名物となっているとのこと。

いずれもビールには最高の1品であります。


次にこちらでは、この時期に「白アスパラ」が

スーパーマーケットはもちろんのこと、

どこの街にもあるマーケット(朝市みたいなもの)に

大量の白アスパラが並びます。

以前、この時期にドイツに来た時に食したことがあり

大変美味しかったことを覚えていたので、こちらに

来てから、白アスパラを目にする度に気になって

いました。

もうすぐ、時期も終わってしまうようなので、

何とか思いきって、購入し、自宅で茹でたところ、

どうやら皮ごと茹でてしまったらしく…(笑)。

購入初日は、あえなく、お預けとなりましたが、

翌日、今度は皮をせっせと剥き、再チャレンジして

出来上がったのが、こちらです。

アスパラ。
(大きなものには、直径2僂發△襪發里發△蠅泙后)

こちらではアスパラにかけるソースは、バターを溶かし、

それに少し味を加えたものを作るらしいのですが、

そこまで出来る技は到底持ち合わせていないので、

アスパラを買う時に近くに並んでいたソースを買い、

たっぷりとかけて、食しました。

味は、もう最高でした。

こちらも茹でただけなので…。

調理人を褒めるところは一切なし。

逆に、剥いた皮が厚すぎて、せっかくのアスパラが

若干細くなってしまい…(涙)。


まぁ反省点はありましたが、レパートリーも増え、

白アスパラは、期間限定ですが、今後もさくさん

食していきたいと思います。


         1年前の今日は こちら
| 食う | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/4PAGES | >>