CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
お勧めの書籍
100%
100% (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
Kodama's review
とっても気持ちが前向きになれる1冊です。これから付帯されていたCDも聴いてみたいと思います。楽しみです。
(13.06.23)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ミラクルガール
ミラクルガール (JUGEMレビュー »)
大塚 弓子
Kodama's review
芯の強さが半端じゃないです。弊社が主催する看護士さん向けの勉強会でもご協力頂いています。ありがとうございます!一度お目にかかれる日があればと思います。
(13.06.16)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
光圀伝
光圀伝 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
Kodama's review
750ページの大作で持ち運びが大変でしたが、それでも電子版には多少抵抗があって…。水戸光圀さんはTVでのイメージが強いですがこの作品で一気にイメージが変わりました。素晴らしい内容でお勧めです!
(13.06.09)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書)
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書) (JUGEMレビュー »)
森 幹雄
Kodama's review
先日、講演を聴かせて頂いた森社長の書籍。どんなビジネスの世界でも成功されている方に共通して言えることは信念そして執念を持ち合わせていることとあらためて思わされた1冊でした。
(13.05.26)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
2052 ~今後40年のグローバル予測
2052 ~今後40年のグローバル予測 (JUGEMレビュー »)
ヨルゲン・ランダース
Kodama's review
温暖化を中心とした環境問題、食糧不足、天然資源、資本主義経済の在り方など、40年後には大きな変化があることでしょう。40年後を予測するのはかなり難しいことですが、様々な事を想定する上で参考になりました。
(13.05.11)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
下巻です。政治の中心から一線引いた位置でもこのように日本の将来を思い考え、生き抜いた人が当時はおり、福澤諭吉さんはその立ち位置の中でも当時の第一人者だったのだろうと思えました。
(13.04.28)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
親しくさせて貰っている経営者の方から勧められた1冊。1万円札の福澤諭吉さんの偉大さを改めて思い知らされました。
(13.04.21)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ドラッカー名著集1 経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件 (JUGEMレビュー »)
P.F.ドラッカー
Kodama's review
いつもドラッカー氏の本は勉強になりますが、『自らの貢献に責任をもつ者は、その狭い専門分野を真の全体に関係づけることが出来る』って、もうちょっとわかり易い翻訳を願うのは私だけでしょうか…(笑)。
(13.04.14)
お勧め度
★★★★☆
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
緊張。
朝夕は大変涼しく、冬の訪れを感じるようになりました。

つい先日まで、暑い夏だったような気でいましたが…。


さて、先日、娘二人のバレエの発表会があり、日頃の練習の成果?を

観させてもらおうと。

なんて、余裕で会場に向かいましたが、会が始まり、娘の出番になると

親としては、その都度、緊張が走り、ハラハラドキドキ…。

意外と神経の図太い?長女は、小学3年生ということもあって、

安心して観ていられますが、次女は何せまだ、6歳。

小学校低学年の子たち5人と一緒に、出番が来るとチョロチョロと

出てきては、踊っていました。

次女たちのグループが最年少ということで、年齢的にもまだまだ、

バレエというレベルではありませんが、

(父親のエアロビより、マシかも…(汗)。)

観客席では微笑ましい笑いと、また涙する光景も見受けられました。

とりあえず、無事終了しましたが、ここ数週間の週末はこの発表会のため、

ハードな練習をしてきたようで、特に発表会当日は朝からリハーサルを

何度も行なっていたので、終了後は二人ともグッタリ…。

衣装を着てからは座ってはいけないらしく、足が疲れたとしきりに

訴えていました。

前述の涙は、そんな裏事情を知っている人かも知れません。


今回はもちろん、子供だけではなく、いつも教わっている先生と

先生の知り合いなのか、本格的に取り組まれている方々も舞台に

上がっていましたが、あんなにクルクル回って目が回らないのだろうか…

とか、特に男性のその跳躍力には目を見張るのもがありました。

私には今まで縁がなかった世界ですので、どのくらいの練習を積み重ねると

このレベルになるのかは知り得ませんが、どんなことでも、最初から

出来る人など、いない訳ですから、人は練習を積み重ねることで、

出来ないことが出来る様になるのだろうと。

(それにしても人は、あんなにクルクル回ったり、あんなに高く飛べる

 ものなんだ…。)

人間の持つ身体能力にあらためて驚いた1日でありました。



             1年前の今日は こちら


| プライベート | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/32PAGES | >>