CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
お勧めの書籍
100%
100% (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
Kodama's review
とっても気持ちが前向きになれる1冊です。これから付帯されていたCDも聴いてみたいと思います。楽しみです。
(13.06.23)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ミラクルガール
ミラクルガール (JUGEMレビュー »)
大塚 弓子
Kodama's review
芯の強さが半端じゃないです。弊社が主催する看護士さん向けの勉強会でもご協力頂いています。ありがとうございます!一度お目にかかれる日があればと思います。
(13.06.16)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
光圀伝
光圀伝 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
Kodama's review
750ページの大作で持ち運びが大変でしたが、それでも電子版には多少抵抗があって…。水戸光圀さんはTVでのイメージが強いですがこの作品で一気にイメージが変わりました。素晴らしい内容でお勧めです!
(13.06.09)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書)
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書) (JUGEMレビュー »)
森 幹雄
Kodama's review
先日、講演を聴かせて頂いた森社長の書籍。どんなビジネスの世界でも成功されている方に共通して言えることは信念そして執念を持ち合わせていることとあらためて思わされた1冊でした。
(13.05.26)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
2052 ~今後40年のグローバル予測
2052 ~今後40年のグローバル予測 (JUGEMレビュー »)
ヨルゲン・ランダース
Kodama's review
温暖化を中心とした環境問題、食糧不足、天然資源、資本主義経済の在り方など、40年後には大きな変化があることでしょう。40年後を予測するのはかなり難しいことですが、様々な事を想定する上で参考になりました。
(13.05.11)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
下巻です。政治の中心から一線引いた位置でもこのように日本の将来を思い考え、生き抜いた人が当時はおり、福澤諭吉さんはその立ち位置の中でも当時の第一人者だったのだろうと思えました。
(13.04.28)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
親しくさせて貰っている経営者の方から勧められた1冊。1万円札の福澤諭吉さんの偉大さを改めて思い知らされました。
(13.04.21)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ドラッカー名著集1 経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件 (JUGEMレビュー »)
P.F.ドラッカー
Kodama's review
いつもドラッカー氏の本は勉強になりますが、『自らの貢献に責任をもつ者は、その狭い専門分野を真の全体に関係づけることが出来る』って、もうちょっとわかり易い翻訳を願うのは私だけでしょうか…(笑)。
(13.04.14)
お勧め度
★★★★☆
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お勧め。
久しぶりに読書で、ボロ泣きです。

先日、ブログの左にある『お勧めの書籍』で、

パラリンピックの水泳競技で、

アトランタ、シドニー、アテネと通算、

計20個のメダル(金15、銀3、銅2)を

獲得された成田真由美さんから、お送り頂いた

本の紹介をさせて頂きましたが、実はお送り

頂いた本は、2冊ありまして。

もう1冊の本のタイトルは、

『あした光りのなかで 〜成田真由美という伝説〜』

というものです。


成田さんには、年2回、弊社の全社員が集まる

全社ミーティングでも、過去に2回ご講演を

頂いていたり、その以前から何度か食事なども

ご一緒させて頂いて、お会いする度に共感できる

たくさんのお話やたくさんの勇気を頂いています。

(いつも本当にありがとうございます。)


また、成田さん自身が書かれた書籍も今までに

読ませて頂きましたが、今回のお送り頂いた本は、

新聞記者の方が書かれた本です。

読みながら感じたことは、成田さん自身が

話されたり、書かれたりするものは、やはり

ご本人の遠慮が出て控えめな表現になって

しまうことがありますが、今回の本は、

第3者の方が、書かれていますので、本人の

気持ちや思いを余すことなく、また、ご家族や

コーチの方、その他、成田さんの周りを取りまいて

いらっしゃる方々の思いなどがストレートに

表現されていて、心に響くシーンが何度もあり…。

移動中の電車の中でも、周りをはばかることもせず、

抑えきれずに大粒の涙が流れてしまうなど、その都度、

涙が溢れ、そして、流れました。



成田真由美さんというアスリートとして、

また一人の人間としての凄さをあらためて、

再認識しましたし、自分自身を振り返り、

まだまだ、自分の甘えや弱さを実感させられ

ました。


本の最後でも触れていますが、成田さんは

昨年の春に入院をされて、両足の大腿骨に

人工骨を入れるという大手術をされました。

よって、競技生活にはかなりの影響が出る

ことは間違いないと。


でも、成田さんは次の明確な夢をはっきりと

お持ちです。

それは、来年行なわれる北京パラリンピックに

出場することです。

同封されたお手紙にもはっきりと書かれて

いました。

もう、それほど多くの時間は残されていませんが、

成田さんならまた、この大きな壁を乗り越えて

くれることでしょう。

この度も、たくさんの『勇気』をありがとうございました。


そして、来年の北京パラリンピックで再び、

スイミングプールに姿を現す成田さんを

楽しみにしています!


       1年前の今日は こちら






| 読書 | 13:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/7PAGES | >>