CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
お勧めの書籍
100%
100% (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
Kodama's review
とっても気持ちが前向きになれる1冊です。これから付帯されていたCDも聴いてみたいと思います。楽しみです。
(13.06.23)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ミラクルガール
ミラクルガール (JUGEMレビュー »)
大塚 弓子
Kodama's review
芯の強さが半端じゃないです。弊社が主催する看護士さん向けの勉強会でもご協力頂いています。ありがとうございます!一度お目にかかれる日があればと思います。
(13.06.16)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
光圀伝
光圀伝 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
Kodama's review
750ページの大作で持ち運びが大変でしたが、それでも電子版には多少抵抗があって…。水戸光圀さんはTVでのイメージが強いですがこの作品で一気にイメージが変わりました。素晴らしい内容でお勧めです!
(13.06.09)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書)
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書) (JUGEMレビュー »)
森 幹雄
Kodama's review
先日、講演を聴かせて頂いた森社長の書籍。どんなビジネスの世界でも成功されている方に共通して言えることは信念そして執念を持ち合わせていることとあらためて思わされた1冊でした。
(13.05.26)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
2052 ~今後40年のグローバル予測
2052 ~今後40年のグローバル予測 (JUGEMレビュー »)
ヨルゲン・ランダース
Kodama's review
温暖化を中心とした環境問題、食糧不足、天然資源、資本主義経済の在り方など、40年後には大きな変化があることでしょう。40年後を予測するのはかなり難しいことですが、様々な事を想定する上で参考になりました。
(13.05.11)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
下巻です。政治の中心から一線引いた位置でもこのように日本の将来を思い考え、生き抜いた人が当時はおり、福澤諭吉さんはその立ち位置の中でも当時の第一人者だったのだろうと思えました。
(13.04.28)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
親しくさせて貰っている経営者の方から勧められた1冊。1万円札の福澤諭吉さんの偉大さを改めて思い知らされました。
(13.04.21)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ドラッカー名著集1 経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件 (JUGEMレビュー »)
P.F.ドラッカー
Kodama's review
いつもドラッカー氏の本は勉強になりますが、『自らの貢献に責任をもつ者は、その狭い専門分野を真の全体に関係づけることが出来る』って、もうちょっとわかり易い翻訳を願うのは私だけでしょうか…(笑)。
(13.04.14)
お勧め度
★★★★☆
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
惜敗。
北京オリンピック 

卓球男子団体戦準決勝。

3人で戦う団体メンバーの内、

日本チームの

水谷隼選手岸川聖也選手

弊社スヴェンソンの所属選手です。

よって、赤坂の本社ではかなりの

盛り上がりをみせていると

本社のスタッフのメールで

一昨日知りました。



さて、金色もしくは銀色のメダルを

かけた準決勝の大一番。

対戦相手はナント、ドイツ。

これは私にとってはラッキーで

あったと言えます。

それはドイツが対戦相手でなければ、

こちらドイツでは、放映が

されなかったからです。

今日(16日)は初めて、

ライブでオリンピックを

じっくりと観させてもらいました。



終わってみれば、あの時の1得点が…

と僅か1得点を悔やむくらいの接戦で

ありました。



卓球という競技には、

『引き分け』や『同タイム』

というものはありません。

『ラブオール!』

という審判の掛け声を聞いた瞬間、

コートを挟んで向こうに立ち竦む

相手と自分のいずれかが勝利者となり、

また、いずれかが敗者となります。



前述させて頂いた通り、

僅か1得点を悔やむほどの試合で

ありましたが、日本の卓球男子団体戦に

金と銀のメダルの可能性は

無くなりました。



それでもまだ、銅メダルを賭けた

過酷な戦いは続きます。

もちろん、個人戦も…。



選手は体力的な調整はもちろんのこと

準決勝で頂点に達した精神状態を調整し、

更に戦い続けなければならないことを

考えると、想像を絶するほどの精神力を

持っていなければ到底戦い続けられない

ことと思います。



メダルというものはもちろん、

オリンピックに参加するほとんどの選手や

また、応援する側の期待のシンボルで

ある訳ですが、その過酷な戦いを終えた時に

特にスヴェンソン所属の選手には

ここまで取り組んできた努力に対し

自分が納得出来る結果を残して欲しいと

思います。



もちろん、その努力が

メダル獲得という夢のためであれば

その夢の実現を。



まだまだ、本人にしか決してわからない

過酷な戦いが続くことと思いますが

努力してきた自分を信じて。



頑張れ日本!

頑張れ水谷!

頑張れ岸川!




| スポーツ | 04:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/25PAGES | >>