CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
お勧めの書籍
100%
100% (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
Kodama's review
とっても気持ちが前向きになれる1冊です。これから付帯されていたCDも聴いてみたいと思います。楽しみです。
(13.06.23)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ミラクルガール
ミラクルガール (JUGEMレビュー »)
大塚 弓子
Kodama's review
芯の強さが半端じゃないです。弊社が主催する看護士さん向けの勉強会でもご協力頂いています。ありがとうございます!一度お目にかかれる日があればと思います。
(13.06.16)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
光圀伝
光圀伝 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
Kodama's review
750ページの大作で持ち運びが大変でしたが、それでも電子版には多少抵抗があって…。水戸光圀さんはTVでのイメージが強いですがこの作品で一気にイメージが変わりました。素晴らしい内容でお勧めです!
(13.06.09)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書)
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書) (JUGEMレビュー »)
森 幹雄
Kodama's review
先日、講演を聴かせて頂いた森社長の書籍。どんなビジネスの世界でも成功されている方に共通して言えることは信念そして執念を持ち合わせていることとあらためて思わされた1冊でした。
(13.05.26)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
2052 ~今後40年のグローバル予測
2052 ~今後40年のグローバル予測 (JUGEMレビュー »)
ヨルゲン・ランダース
Kodama's review
温暖化を中心とした環境問題、食糧不足、天然資源、資本主義経済の在り方など、40年後には大きな変化があることでしょう。40年後を予測するのはかなり難しいことですが、様々な事を想定する上で参考になりました。
(13.05.11)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
下巻です。政治の中心から一線引いた位置でもこのように日本の将来を思い考え、生き抜いた人が当時はおり、福澤諭吉さんはその立ち位置の中でも当時の第一人者だったのだろうと思えました。
(13.04.28)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
親しくさせて貰っている経営者の方から勧められた1冊。1万円札の福澤諭吉さんの偉大さを改めて思い知らされました。
(13.04.21)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ドラッカー名著集1 経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件 (JUGEMレビュー »)
P.F.ドラッカー
Kodama's review
いつもドラッカー氏の本は勉強になりますが、『自らの貢献に責任をもつ者は、その狭い専門分野を真の全体に関係づけることが出来る』って、もうちょっとわかり易い翻訳を願うのは私だけでしょうか…(笑)。
(13.04.14)
お勧め度
★★★★☆
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
誇り。
先日、夕刻にメールの返信処理を

していると、

「ポン!」

と新たなメールを受信した確認音が

目の前のパソコンから聞こえてきました。

現状、私がメールのやりとりをさせて

頂いている方々は、現地の人は、

今のところ皆無に近く、ほとんどが

日本にいる方々なので、こちらが

夕刻であれば、時差の関係から

日本は夜中。

(どうせ、また迷惑メールの受信だろう…)

と思いつつ、受信トレイを開くと

月に一度行なわれている会議の資料が

送られてきました。

(今月もそんな時期か…。

 うん、ちょっと待て…

 今、日本は何時だ?…

 あ〜相変わらず、こんな時間まで

 頑張ってくれてるんだ…。)

と、思いつつ、返信メールを処理していた

手を止めて、お礼のメールを遅らせて

もらいました。

「○○さん、いつも遅くまで、ありがとうございます。

 ○○さんのように時間を惜しまず、頑張ってくれる

 人がいることを嬉しく思いますし、会社の誇りです。」

と。


もちろん、仕事は定時に始まり、

定時に終わることが理想かも

知れませんが、会社が日々動いていれば、

仕事も同じように日々仕事量が変わって

当たり前です。

更には、自ら課題を見つけ、自ら取り組む

立場になれば、恐らくやることは無限に

あるかもしれません。

だから、その定めをきちんとするためにも、

夢や目標が必要なのでしょう。

いずれにしても、ここ1年〜2年は特に

財務・経理関連の部署の方々は

徹夜、終電、休み無し…が当たり前に

なっていますが、愚痴の一つも言わずに

頑張ってくれていることに心から

感謝しています。

もちろん、その他の部署や現場で日々、

頑張ってくれている社員の皆さんも

会社の「誇り」であり、私の「自慢」です。



| 仕事 | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/37PAGES | >>