CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
お勧めの書籍
100%
100% (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
Kodama's review
とっても気持ちが前向きになれる1冊です。これから付帯されていたCDも聴いてみたいと思います。楽しみです。
(13.06.23)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ミラクルガール
ミラクルガール (JUGEMレビュー »)
大塚 弓子
Kodama's review
芯の強さが半端じゃないです。弊社が主催する看護士さん向けの勉強会でもご協力頂いています。ありがとうございます!一度お目にかかれる日があればと思います。
(13.06.16)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
光圀伝
光圀伝 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
Kodama's review
750ページの大作で持ち運びが大変でしたが、それでも電子版には多少抵抗があって…。水戸光圀さんはTVでのイメージが強いですがこの作品で一気にイメージが変わりました。素晴らしい内容でお勧めです!
(13.06.09)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書)
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書) (JUGEMレビュー »)
森 幹雄
Kodama's review
先日、講演を聴かせて頂いた森社長の書籍。どんなビジネスの世界でも成功されている方に共通して言えることは信念そして執念を持ち合わせていることとあらためて思わされた1冊でした。
(13.05.26)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
2052 ~今後40年のグローバル予測
2052 ~今後40年のグローバル予測 (JUGEMレビュー »)
ヨルゲン・ランダース
Kodama's review
温暖化を中心とした環境問題、食糧不足、天然資源、資本主義経済の在り方など、40年後には大きな変化があることでしょう。40年後を予測するのはかなり難しいことですが、様々な事を想定する上で参考になりました。
(13.05.11)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
下巻です。政治の中心から一線引いた位置でもこのように日本の将来を思い考え、生き抜いた人が当時はおり、福澤諭吉さんはその立ち位置の中でも当時の第一人者だったのだろうと思えました。
(13.04.28)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
親しくさせて貰っている経営者の方から勧められた1冊。1万円札の福澤諭吉さんの偉大さを改めて思い知らされました。
(13.04.21)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ドラッカー名著集1 経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件 (JUGEMレビュー »)
P.F.ドラッカー
Kodama's review
いつもドラッカー氏の本は勉強になりますが、『自らの貢献に責任をもつ者は、その狭い専門分野を真の全体に関係づけることが出来る』って、もうちょっとわかり易い翻訳を願うのは私だけでしょうか…(笑)。
(13.04.14)
お勧め度
★★★★☆
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
食文化。
前回の出発直前のブログで

「それでは日本で!」と偉そうに

言っていながら、日本滞在も

あと僅かとなりました。


帰国前に宣言させて頂いた通り、

日本食をこれでもか、と言わんばかりに

思う存分、楽しませてもらい…

焼肉、しょうが焼き定食?、懐石、

ラーメン、鮨、しゃぶしゃぶ、焼肉2、

鰻、とんかつ、中華料理(日本風)…

その他、一品料理名まで落とし込んで

いくと、きりがありませんが、かなり

満足をしながらも、あと残り僅かな

日本での食事を何にするかと懲りずに

考えていたりして…。


ドイツでの2ヶ月と1週間の生活を

通して、日本の食文化の凄さを

今回の帰国で実感しています。

例えば、ドイツでも日本と同じように

普通にレストランはありますが、

どのレストランに行ってもメニューは

似通ったものでしかありません。

もちろん、メニューには前菜があり、

メインメニューには、牛肉、豚肉、鶏肉、

また、魚料理もありますが、どこも

だいたい似たような料理です。


それに比べて、「我らが日本」は、

一つのテーマで一つのお店が営業される

くらい、食の深さと幅がありますよね。

例えば、焼肉、しゃぶしゃぶ、お鮨、

焼き鳥、お好み焼き、ちゃんこ、

ラーメン、天ぷら、鰻、お蕎麦、

とんかつ、ステーキ、かに、ふぐ

カレーライス、牛丼…

など、他にもまだまだ一つのテーマで

お店が出来てしまうくらいですよね。


さらに、「居酒屋」という素晴らしい

システムは、普段、近場にどこにでもあると

気がつきませんが、ないところに住みつくと、

それはもう、居酒屋の存在感の大きさを

あらためて感じざるを得ません(笑)。

ということで、テーマ別にしばらく

喉を通すことの出来ないものをたくさん

食させてもらいつつ、自宅の引き払いや

車の売却など、身の回りの整理が

中心となった一時帰国となり、

過ぎてみれば、あっと言う間で

ありました。


すでに2ヶ月前に住民登録は

外れているので、何となく、

この国に住民登録がされて

いないことを考えると

寂しい気もしますが、また、

この2ヶ月間の振り返りと多くの

刺激を受けた一時帰国でも

ありましたので、この良い機会に、

住民登録をしてある国で心新たに

頑張りたいと思います。


僅かな期間で、ゆっくりとお話しする

機会がほとんどなく、連絡を取らせて

頂くことも出来なかった皆様には大変

申し訳なく思っています。

この場をお借りして、お詫びを申し上げる

と共に、また、機会がありましたら是非、

お会いさせて頂きたいと考えております。


それではまた、次回はドイツからUPさせて

頂きます。
| 飲食飲食 | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/14PAGES | >>