CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
お勧めの書籍
100%
100% (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
Kodama's review
とっても気持ちが前向きになれる1冊です。これから付帯されていたCDも聴いてみたいと思います。楽しみです。
(13.06.23)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ミラクルガール
ミラクルガール (JUGEMレビュー »)
大塚 弓子
Kodama's review
芯の強さが半端じゃないです。弊社が主催する看護士さん向けの勉強会でもご協力頂いています。ありがとうございます!一度お目にかかれる日があればと思います。
(13.06.16)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
光圀伝
光圀伝 (JUGEMレビュー »)
冲方 丁
Kodama's review
750ページの大作で持ち運びが大変でしたが、それでも電子版には多少抵抗があって…。水戸光圀さんはTVでのイメージが強いですがこの作品で一気にイメージが変わりました。素晴らしい内容でお勧めです!
(13.06.09)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書)
アジアで負けない三流主義 (ゲーテビジネス新書) (JUGEMレビュー »)
森 幹雄
Kodama's review
先日、講演を聴かせて頂いた森社長の書籍。どんなビジネスの世界でも成功されている方に共通して言えることは信念そして執念を持ち合わせていることとあらためて思わされた1冊でした。
(13.05.26)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
2052 ~今後40年のグローバル予測
2052 ~今後40年のグローバル予測 (JUGEMレビュー »)
ヨルゲン・ランダース
Kodama's review
温暖化を中心とした環境問題、食糧不足、天然資源、資本主義経済の在り方など、40年後には大きな変化があることでしょう。40年後を予測するのはかなり難しいことですが、様々な事を想定する上で参考になりました。
(13.05.11)
お勧め度
★★★★☆
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
下巻です。政治の中心から一線引いた位置でもこのように日本の将来を思い考え、生き抜いた人が当時はおり、福澤諭吉さんはその立ち位置の中でも当時の第一人者だったのだろうと思えました。
(13.04.28)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫)
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
北 康利
Kodama's review
親しくさせて貰っている経営者の方から勧められた1冊。1万円札の福澤諭吉さんの偉大さを改めて思い知らされました。
(13.04.21)
お勧め度
★★★★★
お勧めの書籍
ドラッカー名著集1 経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件 (JUGEMレビュー »)
P.F.ドラッカー
Kodama's review
いつもドラッカー氏の本は勉強になりますが、『自らの貢献に責任をもつ者は、その狭い専門分野を真の全体に関係づけることが出来る』って、もうちょっとわかり易い翻訳を願うのは私だけでしょうか…(笑)。
(13.04.14)
お勧め度
★★★★☆
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
最終回。
 

本日、7月1日付けにて、取締役副社長という


任を拝命致しました。


今までの仕事が何か変わる訳ではないので、


そういう意味では少々複雑な心境ではあります。


が、前向きに捉えて今後も精進していきます。



さて、以前から、このブログのタイトル


「スヴェンソン専務日記」


が使えなくなった時が


このブログを終了する時と決めていました。



そんな事はもっと先の話しだろうとちっとも


気にも留めていませんでしたので、


突然の事態にこれまた少々戸惑いありの


心境です。



最近はUPの頻度も少なくなっていたので、


(こんな事ならもっとUPしときゃよかった…)


と思っても後の祭りですね。


人間やれる時にやらなきゃいけないなんて


当たり前のように言われていることを


このブログを通し、身を持って反省です。



という事で、皆様、


本当に本当に長らくお立ち寄り下さいまして


ありがとうございました。


またいつか違う立場やITも進化していますので


違う発信方法でお目に掛かれる日がくるやも


知れません。


その際はまた是非、お立ち寄り頂ければ幸いです。



皆さまのご健康と益々のご健勝を心より


祈念しております。




| - | 23:36 | comments(1) | trackbacks(0) |
母国語。
 

前回に続き、日経新聞の記事です。


昨日の朝刊の「キャリアアップ」面に


「職場の日本語 基本のキ」


というタイトルで職場での誤った


日本語の例がいくつか紹介されて


いました。



「私にはこの仕事は役不足ですが


 頑張ります」


というのは、


「私にはこの仕事は簡単だ」


という意味だそうです。


謙遜して使う場合は、


「私には力不足」


が正しい使い方だそうで、


今まで何度か偉そうな意味の方を


使った記憶があり…(汗)。



また、


敬語では


「お休みをいただいております」


は、「いただく」が休みを与えた


上司を高めてしまい、相手には


失礼にあたるとのこと。


正解は


「休んでおります」


だそうです。


その他、


「おっしゃられた」





「おっしゃる」


「お帰りになられました」





「お帰りになりました」


が、それぞれ正しく、いずれも


誤りの方は二重敬語と言われ、


丁寧すぎてしまうようです。



最近は英語習得への思いが


日増しに強まってきていますが、


母国語もままならない事を


思い知らされた記事でした…(泣)。








| - | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/433PAGES | >>